【実使用レビュー】コクヨのGPSはろここはIoTで家族の安心を叶える

子供用見守りGPS
記事内には一部広告を含みます

コクヨの子供見守りGPS「はろここ」は、IoTを通じて家族の安心とコミュニケーションをかなえる、今注目のGPS端末です。

まちこ
まちこ

徹底的に調べていきます

結論、はろここがおすすめなのは、次のような使い方をしたいあなたです。

はろここがおすすめな人
  • お子さまの端末操作はなるべく簡単なものがよい人
  • 家族のコミュニケーションを大事にしたい人
  • スマホを持つ兄弟も同じアプリで見守りたい人
  • 忘れもの防止タグも使いたい人
  • お子さまが自宅でお留守番をすることが多い人

そんなはろここのメリットデメリットを、実際使って正直にお伝えします。

それでは早速「はろここ」について詳しく見ていきましょう。

当サイト限定600円OFFクーポン
最安値で購入できます!!

クーポンコード:HelloKMC2401

公式サイト:https//hellofamily.kokuyo.co.jp/lineup/hellococo/

はろここ端末はコクヨ株式会社様からお借りして記事を作成しております。

1.はろここの特徴

ランドセルのポケットにすっぽり入る
機種はろここ
本体価格6,930円
月額580円(初月無料)
(2年使用時月額)845円
(3年使用時月額)756円
最短更新間隔1~2分
バッテリー持ち1~2週間(1~2分時)
重さ41g
同時見守り可能
複数台見守り可能
通知エリア設定
通知ボタン
ボイスメッセージ
充電端子USB Type-C

文房具でおなじみ、コクヨ株式会社が提供する子供見守りGPSです。

アプリを通じて家族全体を見守れます。

また、同時に忘れもの防止タグが発売されています。多様なデバイスを一手に連携して子供を見守れるのは、現在はろここだけです。

通知ボタンも付いており、必要な機能をしっかり備えたバランスの良いGPS端末といえます。

2.はろここのデメリットと口コミ・評判

はろここのデメリットは次の2つです。

はろここのデメリット
  • メッセージ機能はない
  • デバイスごとに設定が必要

それぞれ見ていきましょう。

メッセージ機能はない

はろここには、メッセージ機能はありません。

代わりに、はろここに搭載されている通知ボタンを活用できます。

通知ボタン搭載の機種では、親子間で合図を決めておくことで、連絡手段として使っている方が多いです。

まちこ
まちこ

通知ボタンは次のメリットの項目で説明します

デバイスごとに設定が必要

はろここは複数のデバイスやスマホをひとつのアプリで一元管理できます。

一方でデバイスごとにそれぞれ登録する必要があるため、初期設定には少し時間がかかるかもしれません。

とはいえ、公式サイトでも手順がわかりやすく表示されているため、やり方に迷うことはありませんでした。(下部にマニュアルがありました!)

まちこ
まちこ

解説がいらないほどのマニュアルなのでありがたい!

当サイト限定600円OFFクーポン
最安値で購入できます!!

クーポンコード:HelloKMC2401

公式サイト:https//hellofamily.kokuyo.co.jp/lineup/hellococo/

3.はろここのメリットと口コミ・評判

はろここのメリットは次の6つです。

はろここのメリット
  • 見やすい履歴と精度が安心
  • エリア通知機能で安心
  • SOS通知が早く簡単で安心
  • 見守る人も増やせるから安心
  • 家族の見守りを専用アプリに集約でき便利
  • 忘れもの防止タグ・見守りモニターと連携でき安心

それではメリットを詳しく見ていきましょう。

見やすい履歴と精度で安心

GPS端末で最も重要なのは精度です。

はろここのGPSの精度はいいほうで、履歴を見ると、道なりにGPSが位置情報を補足していることがわかります。

はろここでは、時間を遡って履歴を確認できます。

時間表示を過去にすると、履歴が表示され、どの時間にどこを通ったかなど確認しやすく安心です。

ちなみに、電車に乗っている間も追跡できました。

ただ、たまに軌跡が飛ぶこともあったので、電車に乗っている時の精度は状況によるかもしれません。

GPSの精度について

はろここに限らずGPS全般に言えることとして、GPSの仕組み上、地下街、建物内、乗り物内、ビルの陰などの環境では、位置確認の精度が低くなります。

この点で「GPSの精度が悪い」と思ってしまいがちですが、上記の状況ではどのサービスを利用しても同様に位置情報の測位が難しいです。

GPSは基本的に屋外で力を発揮します。

エリア通知機能で安心

場所の設定ができるので、「学校」「習い事の場所」などを設定しておくと、スポットへ入った時や離れた時に専用アプリ「ハロファミアプリ」へ通知が自動で届きます

まちこ
まちこ

ずっとスマホにはりつく必要がないので、助かりますよね

エリアの登録件数は通常50件設定、移動履歴の保存が直近90日分も保存されます(ハロファミアプリのレギュラープランの場合)。

GPSを使っていての感想

履歴を見る機能というのは我が家も当初は重視していませんでしたが、落とし物をした際「どの道を通って来たのか」「どこに遊びに行っていたのか」と確認に使ったことがありました。万が一のことを考えると、大事な機能として認識しています。

ちなみに、ハロファミアプリにはバッテリー残量の低下も通知されるため、充電忘れがありません。

なお、GPSは分厚いコンクリートの壁等があると、機能しにくいです。ただし、これはGPS全般に言えることなので、そこはどのサービスを利用しても同様です。

一方、屋外を移動中の位置精度は高いので、移動中の履歴はしっかり追うことができます。

SOS通知が早く簡単で安心

はろここは、本体ボタンを3秒長押しするだけで、現在地がスマホのアプリへ通知されます。

まちこ
まちこ

万一の場合を想定すると操作が簡単なのは重要です

しかも、スマホへ通知が届くまで10秒前後と、子供見守りGPS端末の中ではトップクラスの早い方です。

自宅室内で検証しました!

はろここの通知ボタンを押し終わってからスマホへ通知がくるまでを測定しました。
1回目:12秒
2回目:8秒
3日目:9秒

まちこ
まちこ

同一条件で他社と比較した中では早い方でした

また、親子間で「家についた合図」「習い事が終わった合図」と決めておくなど、SOS以外の使い方もできます

見守る人も増やせるから安心

はろここでは、見守る・見守られる人を最大12人まで増やすことができます。

おじいちゃんおばあちゃんにも見守りに協力してもらえます。

家族の見守りを専用アプリに集約でき便利

専用アプリ「ハロファミアプリ」は1つのアプリを家族みんなが接続でき、居場所・履歴・メッセージ交換・予定を共有できます。

GPS端末だけでなく、家族のスマホも見守りデバイスとして連携できます。

例えば高学年の兄弟がスマホを持っていたら、登録すれば保護者は同じアプリ内で一緒に見守れます。

位置情報の履歴を表示するかは個別にON/OFF設定できるのも特徴です。

まちこ
まちこ

例えば、中学生のスマホを「履歴表示はOFFにしてエリア通知で塾に着いたかどうかだけ確認」なんて使い方もできます

忙しい中いくつもアプリを立ち上げて・・・というのは大変なので、ひとつでまるっと確認できるのは嬉しいですね。

ちなみに、アプリ内では作成した各自のキャラクターを使用します。

見守る・見守られる人が増えても、直感的に誰の情報か判断できます。

まちこ
まちこ

色でパッと認識できるのでわかりやすいです

移動距離やアプリ内でのアクションが「ハローポイント」として貯まります。

まちこ
まちこ

子供のモチベーションアップ!GPSを持ち歩く動機付けになってます

ちなみに、ハロファミアプリは現状公式サイトとストア上のアプリ名称が異なるため、検索では少し探しにくいです。

公式サイトからダウンロードすれば間違いありません。また、リンクをはっておきますので、下記からもダウンロードできます。

ハローファミリー 地図 位置 GPS 予定 ToDo

ハローファミリー 地図 位置 GPS 予定 ToDo

KOKUYO CO., LTD.無料posted withアプリーチ

忘れもの防止タグ・見守りモニターと連携でき安心

はろここの大きな特徴のひとつが、別売りの「はろたぐ(忘れもの防止タグ)」・「はろもに(見守りモニター)」と連携できる点です。

はろたぐ(忘れもの防止タグ)」は、「ちゃんと持っているか」を確認するためのスマートタグです。

登録した「はろここ」もしくは「ハロファミアプリ」と最後に接続した時間と場所を表示します。

また、ハロファミアプリからブザー音を鳴らせるため、うっかりどこかに置いてしまった場合にも持ち物を探しやすいです。(約50m以内まで通信可能)

例えばこんなシチュエーションで役にたちます。

  • 鍵につけておく
    家の中で鍵をなくした→音を鳴らして確認
  • 習い事の道具につけておく
    ちゃんと持って行ったかな→職場からスマホでハロファミアプリにて確認
  • 水筒カバーの底に入れておく
    持って帰ってきてない→最後に通信したのは公園だと確認

はろもに(見守りモニター)」は先日発売されたばかりの見守りモニターです。

出典:はろもに

はろもには、カメラとマイクがついたモニターによって、音声メッセージと表情をスマホへ通知します。

自宅でのお子さまとの連絡ツールとなり、留守番の安心につながります。

他にも「できた!」を楽しく習慣化する「はろぽち」など、シリーズでデバイスが展開されています。

当サイト限定600円OFFクーポン
最安値で購入できます!!

クーポンコード:HelloKMC2401

公式サイト:https//hellofamily.kokuyo.co.jp/lineup/hellococo/

4.はろここ開封レビュー

ここからは、はろここの開封レビューをお伝えします。

コンパクトな外箱です。

開封します。内容は次のとおりです。

  • はろここ本体
  • 取扱説明書(保証書)
  • 充電ケーブル
  • ストラップ

本体は箱の中でしっかり固定されていました。

娘に持たせるとこんな感じ

さらさらした素材感です。ボタンの部分だけ凸凹があるので、押しやすいです。

まちこ
まちこ

小さくて小学生の手にもフィットします

別売のカバーもつけてみます。

簡単に外れてしまわないよう、きっちり固めです。ぐいっと押し込みます。

まちこ
まちこ

ストラップの穴の位置をよく確認してつけてくださいね

外すのはかなり力がいるので、向きと穴の位置をあらかじめよく確認してセットしましょう。

カバーをつけたまま充電できます。

カバーありの方が手にピタッとなじみ、より落としにくいと感じました。

当サイト限定600円OFFクーポン
最安値で購入できます!!

クーポンコード:HelloKMC2401

公式サイト:https//hellofamily.kokuyo.co.jp/lineup/hellococo/

5.はろここはこんな人におすすめ

結論として、はろここはこんな使い方をしたいあなたにおすすめします。

はろここがおすすめな人
  • お子さまの端末操作はなるべく簡単なものがよい人
  • 家族のコミュニケーションを大事にしたい人
  • スマホを持つ兄弟も同じアプリで見守りたい人
  • 忘れもの防止タグも使いたい人
  • お子さまが自宅でお留守番をすることが多い人

公式サイトで「はろここ」を見る

6.はろここの疑問に答えるQ&A

Q
はろここから音はなりますか?
A

端末自体からは音が鳴らない設計のため、学校等で音がなることはありません。

Q
はろここは色が選べますか?
A

本体が2色(ホイップグリーン・マシュマロピンク)、別売りで3種類の専用ソフトケースがあります。兄弟でお使いの場合など、色を分けて使えます。

全種類試してみました!

こどもみまもりコンシェルジュ
まちこ
まちこ

娘はアイスクリームのカバーが好きだって♪

7.まとめ

最後にもう一度はろここのメリットデメリットをまとめます。

メリット
  • 見やすい履歴と精度が安心
  • エリア通知機能で安心
  • 通知ボタンが簡単で安心
  • 見守る人も増やせるから安心
  • 家族の見守りを専用アプリに集約でき便利
  • 忘れもの防止タグ・見守りモニターと連携でき安心
デメリット
  • メッセージ機能はない
  • デバイスごとに設定が必要

お子さまがひとりで過ごす時間にトータルで安心を得たいあなたに適したサービスといえるでしょう。

当サイト限定600円OFFクーポン
最安値で購入できます!!

クーポンコード:HelloKMC2401

公式サイト:https//hellofamily.kokuyo.co.jp/lineup/hellococo/

その他ほとんどすべてのGPS端末を調べて仕様と特徴をランキング形式でまとめました。

ご自分の使用環境にあった子供見守りGPSを選び、安心して毎日送り出したいですね。